501

ここ何年かはずっと「DENIME」のジーンズを好んで履いてたんやけど、
久しぶりに「LEVI’S501」を履いた。
いいね。やっぱり。

高校生の頃はよく古着の501を履いていた。
当時は古着であれば3000円までで501が買えた時代。
お金の無い高校生の必須アイテムやった。

どかっと山積みになった501から程度のイイものを本当に「掘り出して」
買ってたなぁ。
時々その山の中からボタンフライやなくてジップアップのモノが出てきて、
「なんじゃこら。501のパチもんかい!」とか言うて店員さんに文句言うた
ら、それが「502」やって店員さんに教えてもらったのもその頃。

スエードでできた501もあって、当時でも高かったけど、ムリをすれば買え
る値段やった。15000円くらいやったと思う。
「ビッグE」なんかも「赤耳」とかも一緒にその「宝の山」に埋まってた。

いつの頃からか3000円で古着の501が買えなくなった。
だんだん値上がりして、「デッドストック」とか「レアもん」なんていうて
価値をつけていってた。
いままで3000円やったもんが10000円になり、50000円になり・・・。
アホくさくなってもう買うのやめた。

いま思うとあれが初めてオレが「バブル」を感じた時やったんやな。
デッドストックなんて乱暴な言い方をすれば「長い年月売れ残ったモノ」
やからね。
今となっては希少価値には違いないけど、売れなかったんやもん。

バブルといえばウチの実家のマンションもスゴイことになってた。
オレが17歳の時にオフクロが3200万円でマンションを買ったんやけど、
その2年も経たないウチに1億7500万になってんねん。
その時のことよく覚えてる。オフクロにソッコー売れ!って言うたもん。
オフクロはこれ売ってどこ住むねん!ってえらい怒ってたのを思い出す。
今となってはその時売って賃貸マンションに住んでたほうが良かったかも。
久しぶりに501を履いてそんなことを思い出した今日この頃です。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク