割が合わん。

 

先日、久しぶりにフードファイターのジャイアント白田くんとメシを食いにいったんです。
彼と会うたんびにいつも思うねんけど、やっぱり「デカい」。
身体のパーツがね、なんでもデッカイねん。

身長なんぼあんのか聞いたことあったけど、忘れた。
2メートルはなかったハズやけど。ちゃうかな?

 

メシ食いながらアホな話もしてたら、ほどほどに酒もまわってきてね。
なんや面白いゲームでもしよか、となってね。
どんないきさつでそうなったのか忘れたけど、じゃんけんコンパチ(デコピン)でもしよか、と。

ん〜・・・あんなブットイ指でコンパチなんかされたらデコ割れるがな、と思いながらもう後に引けない感じになってしまってる。
仕方がない。ヤルか。じゃんけん負けへんかったらええんやし。

じゃんけ〜ん、ホイ!!

おしっ!ワシの勝ち!
自慢じゃないが、私はコンパチがとても上手い。
実は高校時代、友人のデコをコンパチで流血させたことがあるくらい。
(厳密に言うとタンコブが腫れすぎて皮膚が裂けた)

フフフ。覚悟しろ!その巨躯を私のコンパチで沈めてくれるわっ!

うりゃっ!!

パッチィ〜ンと乾いた音をたてて白田くんのデコのええとこにヒット。
あの白田くんがデコにデカイ手を当てて「う〜っ」て唸ってる。
相当効いたんやな。

白田くん、相当の負けず嫌いですぐにじゃんけんの体制。

じゃんけん、ホイ!

あらら、また勝った。
スマンねぇ、白田くん。ひょっとしたら流血するかもしれんよ。
ワシを恨んだらアカンよ。じゃんけんが弱い自分を恨むんやで。

うりゃっりゃっ!!

ビッチ〜ン!!
あぁ、痛そう。白田くん、唸ってます。

その後、5連勝くらいして、白田くんのデコがぷっくりと腫れてきた。
もうやめるか?の問いにノーの返事。
負けず嫌いやなぁ。大けがするで〜!!

じゃんけ〜ん、ホイ!!

あ、負けた。ワシ、負けたがな。
あのぶっとい指でコンパチかぁ。痛そうやなぁ・・・。

でもルールや!さぁ、来い!!オレも男や!覚悟決めたで!!

大きく振りかぶる白田くん。
あぁ、怖い〜!!

ぴち。

ん?終わったの?
負けてた悔しさを一気に返そうと力みすぎ、見事に失敗。

人間平常心が大事やね。
怒りに身を任せるとろくな事ないよ、白田くん。
その失敗も相当悔しかったんやろね。
すぐに次の対戦。

じゃんけん、ホイ!

あ、また勝った。すまん。白田くん。勝ってしもた。
ルールやからね。しゃーないね。手加減するのも失礼な話やし。
全力でやらしてもらいまっせ。

ブァッチ〜ン!!

うわちゃぁ・・・。会心の一撃出てもた。
痛かったやろ〜。廻りの人たちからも「めっちゃ痛そぅ・・・」と声が漏れるくらい。

もうやめる?もうやめよう?ね?
白田くんは「ノー。」

ネバーギブアップの精神。さすが元大食いチャンピオン。
伝説のフードファイター。諦めへんねぇ。

じゃんけん、ホイ!

あ、負けた。
でも安心。アイツ、熱くなってるからまた空振りしよるやろ。
カモン!かかってこい〜!!

「先生、ぼくコンパチ下手なんで違うのでもいいですか?」
(私は白田くんから先生と呼ばれています。)

なんやと〜!!そらアカンやろ!
抗議する私。
しかし、周りの声は白田くんの悲劇を目の当たりにしてるから彼に同情的。

結局、周りの声の圧力に負けてしまい、彼の意見を受け入れることに。

で、なにするの?

「背中に張り手をお見舞いします。」

・・・キミはバカか?
そんなことしてワシの呼吸が止まったらどうするねん!
大丈夫、大丈夫と言いながら彼は「天狗のウチワ」のような手で・・・

バッッッッチ〜〜〜ン!!

一瞬呼吸が止まるワタシ。

その後、何度か張り手を受け、周りの声でドクターストップ。

その時は酔っぱらってて、解れへんかったけど、いま思うとあれはただの暴力ではないのかい?

 

あぁ、背中が痛い。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク