食卓を囲む、の大事さ。

 

うまく言えないけれど、人と一緒にご飯を食べる事って大事やなぁと実感しました。
そんなん当たり前やがな!って思うけど、改めて実感したんです。
中国でいろんな方を紹介してもらいました。
初めて会う人をよく知る為には「同じ釜のメシを食う」のが一番やね。
さらに酒でも飲みながら話をする。

メシを食ってる時はみんな幸せだと思う。
ある程度バリアをはずしてる。(全部やない、という意味ね)
風習の違いがよく解るし、みんな幸せ気分やから平和的やし。

一緒にメシを食った人と、そうでなかった人とのその後の親密感って違うもん。
なんか仲間!って感じがするもんな。

 

いま家庭でも一人でメシを食う子供が増えてるって聞く。
それ、良くないよね。

一緒にメシを食う大事さってあると思う。

メシ食いながらだと、しょーもない話ができるし、聞ける。
それって大事なことやと思う。
くだらないことでも共有できるって大事やと思う。

他人でも一緒にメシを食うとその後の連帯感、親密感が違うもん。
家族ならなおさらやね。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク